女性の薄毛

女性の薄毛

女性の薄毛 薄毛は男性だけの悩みではありません。
女性の薄毛も最近では話題になり女性の薄毛は男性より悩みは深刻です。
原因はさまざまですが、主に加齢現象・男性ホルモン・ストレス・副腎皮質ホルモンの減少などが挙げられます。
いくつかの原因が重なって薄毛の症状が見られる場合もあります。
女性に多い薄毛の原因は、頭皮の疾患による抜け毛や薄毛がほとんどです。
例えば、フケによる悪玉菌の繁殖やヘアケア商品、シャンプー・トリートメント・ヘアダイ・パーマによる頭皮のトラブル・出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化などが大きな原因となっています。

びまん性脱毛症

女性の薄毛原因としてよくあげられるものの一つがびまん性脱毛症です。
これが原因で薄毛になっている場合、頭髪全体の髪が均等に脱毛して毛髪が全体的に薄くなります。
これは、女性の薄毛の悩みに多い脱毛症の一つで、中年以降の女性によく見られるこの薄毛の原因は、老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアがあげられます。
AGA(男性型脱毛症)と違い前頭部の生え際が、後退するのではなく頭髪全体が均等に脱毛するので、脱毛部分の境界がはっきりしません。

分娩後脱毛症

よくあげられる女性の薄毛原因のもうひとつが、分娩後脱毛症(産後の薄毛)です。
これが原因で薄毛になっている場合、妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)などの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまうために、産後の薄毛に悩む女性が多くみられます。