抜け毛・薄毛対策

抜け毛・薄毛対策

薄毛や抜け毛が気になり始めたら、まずはその原因を突き止めることがポイントです。
ただ抜け毛という症状だけに気をとられ、育毛剤を使うだけの対処療法では根本的な解決に至りません。
大切なのは、男性ホルモン、遺伝、ストレス、食事や生活習慣など、なぜ髪の毛が薄くなったのかを調べ、その原因から改善していくことです。
髪の毛も人間の体の一部で、薄毛や抜け毛の予防や対策には、一般的な病気と同様に健康な体づくりが肝心になります。
そんな髪の健康と成長に役立つ生活習慣のポイントをまとめてみました。
薄毛の不安を少しでも感じたら、まずはできることからコツコツ始めてみましょう。

抜け毛・薄毛対策

対策

■シャンプー
薄毛・抜け毛対策のはじめの一歩は、頭皮を清潔に保つこと。
抜け毛予防に最も効果があるシャンプーは、アミノ酸系界面活性剤を用いたアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸は人体を構成している重要な成分で、毛髪を構成しているタンパク質もアミノ酸から作られています。
刺激性が少ないのが大きな特徴で、洗浄力に関しても高級アルコール系シャンプーのように強すぎるということがなく、程よい洗浄力で汚れを落としつつ、頭皮に必要な皮脂は残しておく という理想的な洗い方ができます。
頭皮の健康と抜け毛の予防には、アミノ酸系シャンプーが最も効果的です。

■禁煙する
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮し、血行を悪くします。
毛髪は、血液から栄養素を吸収しているので頭皮の血流が良好である事が大切です。
血行が滞れば、栄養不良を起した毛髪は細くなり、毛乳頭も発毛する力が不足してしまいます。

■お酒を飲み過ぎない
飲酒で、ストレス発散することは悪いことではありません。
適度に嗜む程度の飲酒であれば、逆に体に良いと言われてます。
しかし、適度な飲酒だと血行を促進させる作用もありますが、飲酒により血流が良くなるのは、だいたい2、3時間程度だと言われています。
その後は、血管が収縮してしまいますので、タバコと同様、血流が悪くなってしまい、髪の毛には悪影響を及ぼす場合があります。

■規則正しく暮らす
抜け毛や薄毛は生活習慣によって大きく左右されます。
髪の毛は寝ている間によく伸びるとされていて、夜更かしや睡眠不足は髪の成長に良くありません。
また、偏った食事も健康な髪のためは、悪影響です。
抜け毛・薄毛対策を真剣に考えているのなら、生活習慣はすぐに改善すべきです。

■ストレスをためない
ストレスを溜め過ぎると、人間の呼吸や血圧などをコントロールしている自律神経が乱れ血行不良を引き起こします 。
血行不良は毛根への栄養搬送を鈍らせ、毛細胞の働きも阻害します。
活性化されない毛細胞からは健康な毛髪は形成されず、すぐ抜けるコシの弱い髪ばかりが生えてくる ようになってしまいます。
適度な運動や休息、趣味、レジャーなど、自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスをためないようにしましょう。